図書印刷の課題
弊社が株主として株主価値向上のために図書印刷に期待すること
1.低すぎる営業利益率の改善(中期経営・投資計画の見直し)
2.リクルート株式の売却と過大な純資産を適正水準とするための特別配当の実施

図書印刷の課題

図書印刷には大きく2つの課題があります。1つ目は極端に低い営業利益率、2つ目は積み上がり過ぎた純資産です。
図書印刷の業績は過去15年間で悪化し続けています。

図書印刷の業績と純資産の推移

(データ出所:QUICK ASTRA MANAGER、2016/8、9の図書印刷リリース 投資有価証券売却益の発生による特別利益計上に関するお知らせ、19/3期は第3四半期決算)

営業利益率が極端に低くなっている原因は、デジタル化が進み、印刷業界への逆風が強まっていることだけではありません。

業界環境の変化に対する対処が遅れた結果、図書印刷と同業他社の営業利益率の差は、この15年間で大きく乖離してしまい、図書印刷は業界の中で取り残されてしまっている状態です。

図書印刷と同業他社の営業利益率の推移

(補足)業種平均は日経NEEDS小分類主業種が印刷・製版である以下の10社それぞれの営業利益率を単純平 均して算出した値(カッコ内は証券コード、証券コード順)。
共立印刷(7838), トッパン・フォームズ(7862), 廣済堂(7868), プロネクサス(7893), 凸版印刷(7911), 大日本印刷 (7912), 共同印刷(7914), 光村印刷(7916), 宝印刷(7921), ナカバヤシ(7987)
  • 株式会社ストラテジックキャピタル
PAGE TOP