会社概要
弊社が株主として株主価値向上のために図書印刷に期待すること
1.低すぎる営業利益率の改善(中期経営・投資計画の見直し)
2.リクルート株式の売却と過大な純資産を適正水準とするための特別配当の実施

上場企業の適正な水準から大きく乖離したバリュエーション

図書印刷のEV/EBITDAは▲14.7倍とマイナスとなっています(2018年11月末現在、計算 は下段参照)。東証一部の個社別のEV/EBITDAを計算すると、マイナスの企業は東証一部 の2%に過ぎません。図書印刷のEV/EBITDAは東証一部の中で最低値となっています。

(補足1)時価総額は2018年11月末現在のものを使用
(補足2)集計対象企業は東証一部指定銘柄のうち、「保険業、銀行業、証券・商品先物取引業、その他金融業」を除き、EBITDAがプラスの銘柄のみ、傘下にゆうちょ銀行を擁する日本郵政 (サービス業)を除く
(補足3)EVの計算は、時価総額に有利子負債-現金-有価証券-投資有価証券+想定支払い税金額を加えた数値(以下「有利子負債-現金-有価証券-投資有価証券+想定支払い 税金額」をネット有利子負債といいます)
(補足4)EBITDAの計算は、会社予想営業利益+実績減価償却費+実績のれん償却費

EV/EBITDAは、PER、レバレッジ、本業でない利益の割合、投資の4つに分解することができます。
図書印刷のEV/EBITDAを分解すると、レバレッジが低すぎることが、EV/EBITDAがマイナスとなっている要因であることが明らかになります。レバレッジとは1にネット有利子負債÷時価総額を 加えたものとしてここでは定義しています。

(補足1)単位は百万円
(補足2)時価総額は2018年11月末現在、そのほかの数値は2018年9月現在

当社のEV/EBITDAは他社対比で極端に低い理由は、当社のレバレッジの水準が圧倒的に低いことです。同業他社の間でも当社のレバレッジの低さは群を抜いています。

(補足)日経NEEDS小分類主業種が印刷・製版である以下の10社を同業他社として比較 共立印刷(7838), トッパン・フォームズ(7862), 廣済堂(7868), プロネクサス(7893), 凸版印刷 (7911), 大日本印刷 (7912), 共同印刷(7914), 光村印刷(7916), 宝印刷(7921), ナカバヤシ(7987)

  • 株式会社ストラテジックキャピタル
PAGE TOP