会社概要
弊社が株主として株主価値向上のために図書印刷に期待すること
1.低すぎる営業利益率の改善(中期経営・投資計画の見直し)
2.リクルート株式の売却と過大な純資産を適正水準とするための特別配当の実施

タグ: 

このトピックには5件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 ヶ月、 2 週間前cheer-up-tosho cheer-up-tosho さんが最後の更新を行いました。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #234 返信

    Mr. Corporate Finance

    PER179倍って冷静に高くないですか?

    #237 返信
    cheer-up-tosho
    cheer-up-tosho
    管理人

    ご指摘のようにPERの水準は極めて高いです。
    PERの水準が高まっている理由は、極端に低い利益率を背景として、PERの分子である利益が極めて小さくなっていることです。
    弊社は、本来であれば、もっと高いはずである利益率が、現状のように低くなっていることを問題視しています。
    なお、PERが高いからといって株価が割高であるとは限りません。
    図書印刷の株主価値は、利益率の改善に加え、資本効率性が改善することを通じ、向上させることができると弊社は考えています。

    #245 返信

    kuma

    ネットネットで割安だとは思いますが、
    親会社による不当に安い価格でのTOBがあった場合に
    東宝不動産等の判例にあるように日本の裁判所は少数株主を保護してくれません。

    これについてどう考えますか

    #246 返信
    cheer-up-tosho
    cheer-up-tosho
    管理人

    仮に図書印刷の親会社である凸版印刷が、図書印刷を100%子会社とするためのTOBを行うとなれば、TOBがフェアな価格で実施されるよう、凸版印刷に働きかけていくことになるかと思います。

    #305 返信

    kuma

    「公正なM&Aの在り方についての意見」で
    「残念ながら、日本の裁判所と買い手の意向を↑す度するアドバイザーでは、少数株主にとっ
    てフェアな価格算定は期待できない」
    について同感です。
    NTTのような日本を代表する企業までが、判例を悪用して少数株主から利益をかすめ取るような市場では、
    いくらコーポレートガバナンスだの、スチュワードシップコードだの言っても、投資家は離れていきます。

    ただ、裁判所が変わらなければ、経済産業省に何を言おうが、どうしようもないのではないのでしょうか?

    #308 返信
    cheer-up-tosho
    cheer-up-tosho
    管理人

    ご意見ありがとうございます。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
返信先: PER
あなたの情報:




  • 株式会社ストラテジックキャピタル
PAGE TOP